読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰宅後はアニメとミステリーとともに

ツイッターや読書メーターでは書ききれなかったミステリーの感想やアニメの考察など

あまんちゅ8話のコト(もしくは登場人物の性格を考えるコト)

音楽、ストーリーもとても安定してよく、名言に感じるセリフがいくつもあるいいアニメです。
そのあまんちゅのアニメの中でも一番好きなのが、8話の「まだまだ知らないコト」です。
今回に関しては、見たらわかるよ。と言われるかもしれませんが、書いていきたいと思います。(以下小日向 光をぴかり、大木 双葉をてこ)
てこの悪い癖
体力測定の中でてこはぴかるから「嫌なことからすぐに逃げちゃう癖」があると指摘されます。
通常、ここで注意するのは「最後まで力を抜くな」ということです。
(ぴかりも「駄目だよちゃんとやんないと」とも言ってますが、不満を持っているとすればてこが自分の実力を過小評価し過ぎていることでしょう。)
通常、自分の力を最大限に出せば、勝てると言い聞かせたり、励ますようなものになります。このやり方でも問題ないように思えます。
しかしマイナス思考で繊細(アニメの中で何回も強調されています)であるてこの性格を考えれば、違う方法を考える必要があります。

ぴかりが考えたのが、ゆっくり走って余力を残した状態で終盤までレースをして、終盤でごぼう抜きするというもの。1000M走だから出来る戦略です。
通常スタミナの関係で無茶になるのですが、体力測定の結果でてこはおそらく耐えられるだろうと考えた訳です。
てこの悪い癖がでないようにするにはどうしたらいいか?と考えたぴかるの「やり方と考え方」に柔軟な発想があります。
てこは負けず嫌い?
ぴかりはてこが負けず嫌いなのではないかと言います。
冒頭でのてこのぴかりの紹介・時々わんこのようになるという感想を見ると間違っているようにも思えません。
考えてみると、100M走で抜かれたときに力が抜けてしまったのは、他人に負けないと意識しているがためと言えます。
嫌なことからすぐに逃げちゃう癖も自分が出来ないことが悔しいから逃げてしまうと考えれば、納得がいきます。

「良く知っていると思っていても、知らないことはいっぱいあって、それを見つけるとなんだか宝物を発見したようにどきどきしてうれしくて」

(長いセリフなので一部省略)
さて、このセリフの時、一旦カメラは二宮 愛と二宮 誠それぞれを映します。
この話だけを切り取ると意味を感じないのですが、前半の「秘めた思いのコト」を考えると意味が良くわかります。
姉弟であっても知らないことがあるのだから、てことぴかりには知らないことはいっぱいがあるよと。
前半のお話と関わったものであることがカメラワークからも分かり、この話を更に良くしています。

 

あまんちゅ!  第4巻 [Blu-ray]