帰宅後はアニメとミステリーとともに

ツイッターや読書メーターでは書ききれなかったミステリーの感想やアニメの考察など

映画

アニクリ、リズと青い鳥特集号に寄稿しました(もしくは学校という空間・図書室という特殊な場所)

作品が始まって感じたのは細かい動作に様々な意味を見出せるという良さがあるところです。それは作中作においても同じです。そのことを伝えるための序盤の展開と考えると、作品の性質をよく伝えていたといえます。鑑賞回数を重ねても、新たな発見や視点を見…

文学フリマに行こう(またはアニメ評論同人誌に寄稿するとは)

11月23日に文学フリマというイベントがあります。 カの35-36がアニメクリティークの場所になります。 当日目印ポスター (A1) pic.twitter.com/oKygPxcYE6— アニクリ@東京文フリ_カ36 (@anime_critique) 2016年11月16日 ポスターから見る通り、君…

四月は君の嘘はスクリーンでどう紡がれる(または実写化はどうされるべき)

東京であった文学フリマに出かけて、 購入したものに四月は君の嘘(以下 君嘘) について触れているもの(フィクションは重なり合うとMerca)があったので、また書きたくなりました。 既にアニクリで書いているののとツイキャスでも話しているので、こ…